全天球カメラ RICOH THETA S

 

全天球カメラというものをご存知でしょうか。

360°カメラともいわれています。

Google Mapを活用する人は、ストリートビューをイメージしてもらうと分かりやすいと思います。

 

ここ最近は、全天球カメラも普及してきて珍しさもさほどではありませんが、

その先駆けとなったカメラといえば、「RICOH THETA」ではないでしょうか。

https://theta360.com/ja/

私は2年前に、このカメラに衝撃を受けて衝動的に購入したワケですが、、、

新モデル『RICOH THETA S』、購入してしまいました。

DSC_2109

 

そのきっかけとなったのは、

1.画質がキレイに

2.動画も撮れる

3.YouTubeで全天球動画として見れる

 

せっかくなので、旧THETAと新THETA Sで同時に撮影してみました。

場所は、九戸村の熊野舘公園です。

こちらが旧型。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

 

こちらが新型です。  

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

 

 

もみじの葉っぱをよ~く見ると、やっぱり新型の方が画質がいいのがわかります。

とはいえ2年前も思いましたが、こういう写真がシャッターひとつでお手軽に撮れるというのはすごいことだと思います。

ただただ感心してます。

 

お次は、全天球(360°)動画をYouTubeにアップしたものです。
動画なのに、マウスや指で視点を変えられるのです。

ただし、今時点で全天球動画として見れるのは、

パソコンでは「GoogleChrome」ブラウザ、
スマホでは、「YouTube」アプリ(androidのみ確認)

でしか見れないかもしれません。

InternetExploreブラウザでは、全天球動画としては残念ながら見れませんでした。
興味のある方は、対応しているブラウザかアプリをダウンロードして閲覧してください。

 

では、動画はこちらです。
https://youtu.be/IiXSXCcDCvM

ぐりぐり動かして見れましたでしょうか?

こちらも簡単に撮影して、こうして見れるのだからすごい技術です。
このお手軽さが魅力だと思います。

ただ、ちょっと不満があるとすれば、YouTubeで公開した動画の画質が、
専用アプリで見るのと比べて荒いんですよね。

本当はもっとキレイに撮れてるんですけど。。。

まぁ、今後改善されるかもしれませんので、期待して待ちたいと思います。

 

さて、この動画は本日のもみじまつりの様子です。

朝方は雨が降って心配していましたが、開会式には日が差し込んできて、

舞踊研究会さんの公演や豚汁・せんべい汁・ひっつみのお振舞いを存分に楽しんでいただけたと思います。

 

動画の中でのハーモニカを演奏している方が、このあと伊保内小学校の校歌を奏で、

来ていた小学生が一緒に歌っている光景を見て、とても心に沁みました。

 

木枯らしは肌に突き刺さるような冷たさでしたが、

赤や黄色の紅葉の中で、温かいお振舞いと温かい光景に

体の芯からほっこりした昼下がりでした。