2016年も感謝をこめて

2016年も、しもとまい登記測量事務所をご愛顧いただき、誠にありがとうございました。

今年は、土地家屋調査士 下斗米光昭 事務所を開業して35年、

私もまた、土地家屋調査士 下斗米佑太 事務所を開業して5年、

それはまた、あの3.11から5年が経過した年でもあります。

 

長いようで、あっという間に、という思いです。

となれば、この1年間が一瞬に感じても仕方がないというものでしょう。

でも、それじゃあ味気ないので思い返してみたいと思います。

忘年会で年忘れしたことも忘れて、かえりみたいと思います。

 

かえりみる、というと真っ先に思い付く漢字は、

「省みる」の方なんですが、こちらは、

「反省」の意味合いが強いですね。

そういうのを忘れるための忘年会でもあったのですが。。

 

2016年もたくさんのお仕事をさせていただきました。

土地家屋調査士業、測量業はもちろんのこと、

地域活動も充実していたと思います。

一応、プライベートも(笑)

 

しかしこれらは、ひとりでは出来ないこと、

当然、周囲のみなさんに支えられ、助けられて、

背中を押してもらって、尻を蹴り上げてもらって、

ようやく乗り切ってこれました。

 

とは言え、もっと効率を上げて物事を進められたら、

と自省自責するシーンもありました。

今年は新しい機材も導入して、使い慣れない、
ということも正直ありましたが、

2017年は、この最新機器を最大限に活かして、
スピーディーな業務を目指します。

 

かえりみる、というともうひとつ。

「顧みる」の方もありますね。

「過ぎ去ったことを振り返る、思い起こす」、

「気にかける」といった意味を持ちます。

 

今年1年をこうして終えられたのは、

関わりを持たせていただいたすべての皆様のおかげです。

ご相談・ご依頼をいただいたクライアントの方々、
ご理解・ご協力をいただいている地権者の方々、

お付き合いいただいている不動産関係・隣接士業の方々、
地域の活動をともに行っている地域愛溢れる仲間の方々。

 

その皆様、方々に、気にかけていただきまして、

振り返ったとき、背中に目を向けたとき、
そこにはスタッフ、家族からの支えもあって、

本当にたくさんの「ご愛顧」をいただいて、

今年も1年間、過ごしてこれたんだなぁ、と
あらためて感謝の気持ちでいっぱいになります。

 

先日行いました、当事務所の忘年会。

161230_1

美味しい料理と美味しいお酒。

161230_2

しっかり英気を養って、来年もまた、
皆様のご期待に応えていきたいと思います。

161230_3

今年もご愛顧いただき、誠にありがとうございました!