境界を確認することの大切さ

土地家屋調査士の業務は大きく2つに分けることができます。

「土地」と「建物」の業務です。

(c)日本土地家屋調査士会連合会

そして、「土地」の「調査・測量」、「分筆登記」をするとき、

必要となるのが『境界の確認』です。

 

この境界確認は、ご依頼の土地と、

その土地に接する隣接地との境界確認になりますので、

私たちは、土地の所有者・管理者の方々のご協力のもと、

業務を行っているわけです。

そのため当事務所では、次のような場合に、
隣接地の所有者・管理者の方々へ連絡を差し上げております。

  • 測量のため敷地へ立ち入ることのお願い
  • 境界を確認する現地立会のお願い

また、道路や水路の幅員確認のため、対面地の方々に連絡する場合もあります。

 

さて、近年、権利意識の高まりに伴って、
土地の境界に関するトラブルが増加しています。

境界に関するトラブルは、
境界標が設置されていなかったり、
境界が不明なために生じます。

 

しっかりした境界標が設置されているところはともかく、
木や垣根などでおよその位置がわかっていても、
垣根を作り直したり所有者が変わったりして、
正確な境界点がわからないために、
隣地の方とトラブルが起きることがあります。

境界が不明ということは、
その土地が現地において特定できないということです。
あなたの大切な財産を管理するためには、
境界点に永久標識を設置して、
維持管理することが大切なことです。

 

自分の土地は登記されているから大丈夫と考えている人が多いようです。
ところが、現地に境界標が設置されていないために
お隣との付き合いが不仲になったり、
紛争にまで発展することもあります。

永久標識(しっかり設置されたコンクリート杭やプラスチック杭)は、
物理的にも精神的にも大きな支えになります。

 

このような、境界を確認することの大切さについて、
「境界確認のお願い」(日本土地家屋調査士会連合会)より
わかりやすいパンフレットがありますので、
お手元に届きましたら、ご一読いただければと思います。

皆様の大切な土地と暮らしを守るため、

当事務所では、入念な資料調査・登記基準点測量・登記測量による

「境界の確認」を行っております。

今後とも、境界確認へのご理解とご協力をお願いいたします。