土地家屋調査士法第25条

(研修)

第25条 調査士は、その所属する調査士会及び調査士会連合会が実施する研修を受け、その資質の向上を図るように努めなければならない。

2 調査士は、その業務を行う地域における土地の筆界を明らかにするための方法に関する慣習その他の調査士の業務についての知識を深めるよう努めなければならない。

 

土地の境界(筆界)は、昔からの慣わし(ならわし)のような、

その地域ならではの判断基準があります。

土地家屋調査士が筆界確認をするときは、このような慣習を踏まえて立会のもと確認します。